脱サラ33歳のニューヨーク     2008年始動開始!

不思議な感覚

今日、クラスに新しい生徒が入ってきました。
彼女の名前は、ジェニファー。フランス人です。
名前の響きが、すごくカッコいい・・・

彼女はこっちに来て今日でまだ3日目。
こっちに友達もいなくて、英語も上手にしゃべれないので
うまく自分の意思を伝えられず、もどかしそうにしてるのがよく分かりました。

何故なら、一週間前の私がまさにそうだったから。

話し相手のいない私を韓国人のクラスメートがランチに誘ってくれ
うまくは会話できなかったけど、とても嬉しかったのを覚えています。

なので、今回は自分から声をかけランチに誘ってみました。
彼女はとても嬉しそう?に見えたので、まずまずよかった。

しかし、その先は結構大変でした。

何故なら、
よく英語の話せない日本人と、
よく英語の話せないフランス人が、英語で会話する訳ですから・・・

簡単な英文を話しても、発音のせいなのかうまく伝わらない。
かといって、それを細く説明する文が出てこない。

頭に結構いい汗かきました。(笑)

それに、
ちょっと前までいろいろな人に教えてもらい、なんとか行動していた私が、
逆に彼女にNYのことを教えてあげてるなんて・・・しかも、英語で・・・。

人生面白いものです。

彼女と別れた後、私のお気に入りのサウス・ストリート・シーポートに行きました。
やっぱりここは気持ちのいい場所です。
d0123846_97147.gif

ここで私はリクライニングチェアに座って、しばしくつろぎました。

周りを見てみると、この素敵な景色を目の前に、

・昼寝してる人
・新聞を読んでいる人
・友達とおしゃべりしている人
・ボーっとしてる人

みんなそれぞれですが、なんとも贅沢なゆとりの時間を過ごしていました。

その時私は、ふと、こんなことを感じました。

今までNYというと、自分が住んでいるところと違って
日本語の通じない、まったく違う文化をもつ異国の地だ!と思っていました。

確かに、話す言葉はまったく違う英語(中国語、スペイン語もよく聴きますが・・・)だし、
街の感じも日本とまったく違うし、たくさんの国籍、人種の人々がいるし、
違うところは数え挙げればきりがありません。

でも、

私たちと同じようにご飯も食べるし、のんびり昼寝もするし、
電車に乗りながら本も読むし、I-podも聴くし、お菓子も食べるし・・・

たいして何も変わらないんだなぁ・・・

不思議とそんな感覚になっている自分がいました。

確かに、今日のジェニファーみたいに全然話せない者同士でも
何とかコミュニケーションは取れるし。

最近、ちょっとずつ自分の中の価値観が変わっていくのが楽しい、
今日この頃です。(笑)

ちなみにこの下の写真は、
会場でやっていたインド人のライブの音にあわせて楽しそうに踊っていた女性です。
あまりに彼女が楽しそうだったので、ついつい撮ってしまいました。

こんなに楽しげに踊れるのは、うらやましいなぁ・・・と思いました。
d0123846_973998.gif

by tetsu-newyork | 2007-09-26 09:24 | 日記
<< メジャーに初参戦 気になったらすぐ聞く >>



サラリーマンを辞め、自己成長を求めひとりニューヨークへ。約1ヶ月間の非日常を経験した私の、新たなる挑戦!
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧